ヘルペスの基本情報

ヘルペスの中でも性器ヘルペスが一番厄介です。特に女性の方が重症化してしまうことが多いようです。子宮頸管や膀胱まで広がってしまい完治するまでに時間がかかります。性器ヘルペスに感染しないためにも、性行為には注意し日頃から免疫力を高めましょう。

ヘルペスの基本情報

性器ヘルペスは女性の方が重症化しやすい

ヘルペスは主に上半身の口の周りにできる1型のタイプと、性器の周辺など下半身を中心にできる2型のタイプがありますが、同じ単純ヘルペスです。
感染経路はヘルペスの患者の病変部に触れたりすることで感染しますが、粘膜や皮膚に付着したり出てきたウイルスに接触することで感染し、治療薬によって治療していきますが再発率が高く、一度治ってもまたひどくなることもあります。
感染すると、始めはヒリヒリしたりかゆみおびたりしますが、そのうち水泡などが出てきてそれが破れて潰瘍になることもあり、発熱を伴ったリンパや太ももに痛みを生じることもあります。
男性は陰茎体部や亀頭、肛門周辺やお尻などにも水泡や潰瘍ができることがあります。
特に女性の場合は悪化しやすく、水泡や潰瘍ができる場所が陰部周辺や膣の入口であることもあり、排尿の際に強い痛みを生じることがあります。
そのまま放置しておくと子宮頚管や膀胱にまで症状が及んでしまうので、早期の治療が望ましいと言えます。
また、パートナーがいる場合には、そのパートナーもヘルペスに感染している可能性がありますので、片方が治療してもパートナーが治療しなければ再発を繰り返すことがあります。
そして、ヘルペスウイルスは薬によって活動が収まっていても、過労やストレス、セックスによる刺激によって再発することもあるので、注意が必要です。
病変が陰部周辺まで及ぶために、コンドームの使用だけでは感染を防ぐことができないので、治療中はセックスを控えるようにしましょう。
オーラルセックスやキスで、今度は口に感染する可能性があり、HIVや梅毒などのほかの感染症にかかるリスクも高まりますので、自覚症状がある人は早めに専門医を訪れて検査することをおすすめします。

女性の性器ヘルペスの主な症状

ヘルペスとは、ウイルスによる感染症です。
人間に感染するヘルペスウイルスには8種類あることが知られています。
感染するウイルスにより症状は様々異なりますが、代表的な病気には、単純ヘルペスウイルスによる「口唇ヘルペス」、性器ヘルペス、水ぼうそう、帯状疱疹があります。
性器ヘルペスは、性器にできる病気です。症状が無い場合でも、性器や粘膜にウイルスができていたら、パートナーに感染します。
口唇ヘルペスを持っていれば、性行為だけではなく、オーラルセックスを行うことで性器に感染します。
症状は、水泡のようなものが陰部にできて、ただれたような潰瘍ができた状態になり、強い痛みを感じます。初発感染の場合は、排尿ができないくらいの強い痛みがでるといわれています。
感染した場合は、軟膏や内服薬が処方されます。
又、治療で症状を抑えることができますが、原因となるウイルスを死滅されることが不可能なので、一度感染すると、再発する方が多く、再発を抑える治療もあります。
口の周りにできるものと性器にできるものの違いは、口唇や顔面などの上半身に症状が出るのは、1型の口唇で、下半身に症状が出る場合は、2型の性器ヘルペスです。
男性は、患部の表面がヒリヒリしたりむずかゆさの症状がでます。10日程で水ぶくれができて潰瘍ができます。
強い痛みあり初滅を伴うこともあります。初発感染は症状が軽くて、治るのも早いです。
しかし、疲労や性行為の刺激により再発するケースが多いです。
初発よりも症状が軽くて治癒の機関も短いので、症状が現れたら医療機関に受診しましょう。
女性は、男性同様に水ぶくれや潰瘍ができます。
強い痛みを伴うので排尿が困難にあり、発熱を伴うこともあります。初発は症状が軽くて治癒期間も短いです。
1年以内の再発が多いので、何か違和感や症状に気づいたら、早めに医療機関を受診して、治療を受けましょう。

性器ヘルペスの再発と前兆とは

性器ヘルペスにおいて、色々とやっかいなのは性器ヘルペスの再発です。
単純ヘルペスウイルス2型に感染した時は、再発率が1年以内に8割以上とされています。
単純ヘルペスウイルス1型にかかった場合では、再発率は1年以内に2割とされています。
再発の頻度については個人差がかなりあり、1ヵ月という短い間で何度も再発してしまう人もいれば、年に1回程度の人もいます。
再発の原因には、心身の疲労、あるいはストレスがきっかけとなるころがあります。肉体的、精神的な面に十分配慮しましょう。
もちろん神経質になって、全然再発してないのに、本当は再発したのではないかと思いこむ人も中にはいます。
少しでも不安に感じたら、病院に行って診断してもらいましょう。
再発のきっかけは2つあります。1つは肉体的な原因です。
疲労やアルコールの飲みすぎといた免疫力の低下が引き起こすものや、他の性病や感染症、紫外線や強い日光などもその原因の1つとされています。
精神的な原因としては、長時間のストレスがヘルペスの再発を頻発させることがあり、再発した結果、それについてのストレスや不安で悪化することも多々あります。
再発には前兆があるとされ、再発経験者の8割の人が、ヘルペス再発の前に前兆を感じていました。
その前兆は、人によって違いますが、一般的に見られる兆候として、 その部分がムズムズしたりヒリヒリする、もしくは性器周辺に軽い痛みを感じる、股間周辺の違和感などがあります。
性器ヘルペスは、早く治療を開始すればするほど、軽い症状で抑えられるとされています。
再発の兆しを感じたら、できるだけ早く病院で受診をし、再発がクセになる前に、素早い治療を心がけましょう。

<性病ヘルペスの治療薬情報>
ヘルペスでお悩みの方はこちら
<ヘルペスウイルスに効果的な>
バラシクロビル