ヘルペスの中でも性器ヘルペスが一番厄介です。特に女性の方が重症化してしまうことが多いようです。子宮頸管や膀胱まで広がってしまい完治するまでに時間がかかります。性器ヘルペスに感染しないためにも、性行為には注意し日頃から免疫力を高めましょう。

ヘルペスの基本情報

ヘルペスで血尿や扁桃炎になることがある?

ヘルペスには、口の周りや口の中にできる1型の口唇ヘルペスと、主に下半身の性器周辺などにできる2型の性器ヘルペスがありますが、どちらも同じ単純ヘルペスに感染することで起こる性病の一つです。

感染場所は陰部周辺や肛門周辺などに水泡や潰瘍ができ、女性に至っては排尿も困難になるくらいの激痛が伴うことがあります。

また、血尿の症状が出ることもあり、それはヘルペスが潰れて出血した際に排尿した時に血が混じって血尿になる可能性もあるのであまり慌てることはないですが、ヘルペスに感染していないのに血尿になる場合には、ほかの病気になっている可能性も捨てきれませんので、早めに泌尿器科などに受診するようにしましょう。

それ以外に、ヘルペスウイルスによって扁桃炎を起こすこともあります。
扁桃は、免疫と感染臓器の二つの役割を持っており、本来体が元気な状態であれば扁桃の免疫機能が働いてウイルスの侵入を防ぐのですが、ストレスや疲労によって免疫力が落ちてしまうと扁桃炎が発症します。

最近では、性風俗でオーラスセックスなどのサービスにより喉にウイルスが感染して扁桃炎になることもあり、クラミジアに感染した時にも発症するケースがあります。

クラミジアや淋病など、ほかの性感染症にも言えることですが、ヘルペスウイルスに感染していると、エイズや梅毒などのほかの感染症を引き込みやすいので、不特定多数とのセックスや、激しいセックスは避けるようにするのが無難でしょう。

治療で一旦症状が落ち着いても完全に根絶することが困難なので、体の免疫機能が低下すると再発する可能性が高くなり、感染者の8割は1年以内に再発しているという報告もあります。

ひどくなるとほかの病気を呼び込みやすくなるので、軽い症状のうちに早めに改善するのが望ましいでしょう。