ヘルペスの中でも性器ヘルペスが一番厄介です。特に女性の方が重症化してしまうことが多いようです。子宮頸管や膀胱まで広がってしまい完治するまでに時間がかかります。性器ヘルペスに感染しないためにも、性行為には注意し日頃から免疫力を高めましょう。

ヘルペスの基本情報

風邪などの疾患にも注意なヘルペスの再発

ヘルペスというのは、小さな水ぶくれが集まったような状態を指すことばであり、これが単純ヘルペスウイルスとよばれるウイルスが引き起こす病気の名前にもなっています。
このウイルスにはいくつかのタイプがあって、上半身と下半身、それぞれ感染しやすい部位というのがあり、ウイルスのタイプによって異なっています。
ヘルペスのなかでは、くちびるやその周囲、口の中の粘膜などにできやすい口唇ヘルペス、性器やそのまわりにできやすい性器ヘルペスというふたつがよく知られており、ともに水ぶくれが主な症状となりますが、ときにはかゆみや痛みがあったり、風邪などの疾患のように高い熱が出たりすることもあるためにやっかいなものといえます。
こうした症状が出た場合には、放置していても数週間で治る場合もありますが、ひとまず病院や診療所に行って、抗ヘルペスウイルス薬を処方してもらうというのが有効です。
これらの薬剤によってウイルスが体内で増殖する活動が抑制されるため、水ぶくれになった部分も、やがてかさぶたとして剥がれ落ちて治ってしまいます。
しかし、実はこのウイルスは、いったん治ったと思っても体内の神経節などに隠れているものであり、風邪などのありふれた疾患であっても、その後なんらかの疾患にかかった場合は要注意といえます。
風邪にかかると体力が低下し、免疫力もおとろえてしまいますので、これを好機としてウイルスがふたたび活動をはじめて、ヘルペスが再発してしまうことが多いためです。
ただし、再発の場合については、はじめてかかったときとは違って、症状としては軽くなる場合が多いとされていますので、また以前のように抗ヘルペスウイルス薬の投与を受けて治療を行います。